混合肌はインナードライ状態にご注意!

冬のスキンケア

 

混合肌は、所謂インナードライという状態のお肌ですね。

 

Tゾーンなどはテカりやすいのですが、実は水分不足の状態であり、この水分不足を補おうとして皮脂が過剰に分泌されている状態です。

 

ですから、スキンケアでテカりをどうにかしようと一生懸命洗顔したり、油取り紙を使ったり、皮脂吸収効果のある化粧品を使ったりすると、ますます皮脂分泌が盛んになり、しかも肌荒れがひどくなる傾向にあります。

 

それでも湿度の高い夏場はまだ混合肌には過ごしやすい季節で、スキンケアも特に工夫しなくても普通にやっていれば大丈夫です。

 

しかし、冬は結構工夫してスキンケアしなければ、テカりも肌荒れもひどくなり、目元や口元はカサカサという最悪な状態になりかねません。

 

とはいえ、そんなに身構えなくても夏とちょっと違うスキンケアをするというだけのことです。

 

保湿力の高い高保湿タイプの化粧水は、化粧水だけつけていても結構べたつき、そしてテカりますね。

 

ですから混合肌の方は高保湿タイプの化粧水を使いたくないかもしれませんが、乾燥しやすい時期はやっぱり高保湿のものを使った方がいいです。

 

そして、その上からきっちり乳液やオイルで蓋をしましょう。

 

べたついているのに更にべたつきそうなものをつけるなんて、と抵抗があるかもしれませんが、高保湿タイプでも化粧水は水なので、蓋をしないと蒸発します。

 

ちゃんと蓋をしておけば、そのうち肌になじんでべたつかなくなります。

 

先述したように、皮脂は水分を守るために分泌されるのですから、水分量が十分であればそんなに分泌されません。ということは、うまくスキンケアできれば、テカりともさよならできるかもしれないということですね。

 

冬場は朝の洗顔が辛いですが、朝はぬるま湯でほこりを落とす程度で大丈夫です。寝ているだけで顔が汚れたりしませんから、洗顔料は使う必要がないです。

 

メイク前のスキンケアとしては、化粧水はたっぷり使い、乳液やオイルは薄くつけるというのがポイントです。
つけすぎるとニキビの原因になりますから、米粒2つ分くらいを目安にしましょう。